相続税

相続税

相続税の納付~納付書を使って金融機関の窓口で納付する方法~

相続税を金銭で納付する方法にはいくつか種類がありますが、最も一般的なのは「納付書を使って金融機関の窓口で納付する方法」です。 納付書の準備の仕方や窓口となる金融機関について解説します。 納付書の準備 用紙を入手 ...
相続税

東京都における相続税の申告割合・課税割合(平成30年分)

ひとつ前の記事で、埼玉県のなかで相続税申告または相続税納付が必要なる人の割合について扱いました。 これと同様の方法を用いて、東京都において相続税申告または相続税納付が必要なる人の割合についても、独自に調査をしてみまし...
相続税

埼玉県における相続税の申告割合・課税割合(平成30年分)

埼玉県のなかで相続税の申告や納付が必要となる人はどのくらいの割合でいるのでしょうか。 「埼玉県は全国平均と比べて高いのか低いのか?」「埼玉県内の地域ごとの内訳はどうなっているのか?」こうした素朴な疑問を晴らすべく、官公庁の公表してい...
相続税

「配偶者に対する相続税額の軽減」の上限額

「配偶者に対する相続税額の軽減」は、配偶者が相続あるいは遺贈により取得した財産について一定の範囲内であれば相続税がかからない制度のことです。 無制限に配偶者には一切相続税がかからないということではなく、対象となる財産額に上限があると...
相続税

税金の申告等でも使用する、マイナンバーの番号確認資料としての「通知カード」が廃止!?

「通知カード」は、税務においてマイナンバーを使用する際にも、番号確認のための資料として頻繁に利用されてきました。その通知カードが令和2年5月25日に廃止されました。 廃止されたと聞くと、もう今後は通知カードをマインナンバーの番号確認...
相続税

相続開始の直前に預貯金から引き出される現金

相続開始の直前において被相続人の預貯金の口座からまとまった額の現金が引き出されることはよくあります。最期のときが近づき動けなくなった本人に代わって、そのご家族がカードと暗証番号を預かってATMで引き出すわけです。 現金を引き出す理由...
その他の税目

国税通則法11条による申告期限の延長

この記事を書いている令和2年5月8日現在においても、新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっています。 そのような中、日本の国税庁から、新型コロナウイルス感染症拡大により各種国税の申告期限の延長が認めらるケースがある旨のアナウンスが...
相続税

相続税のグロスアップ計算

税金の世界で「グロスアップ計算」といえば、給与の計算手法の一種として知られています。給与について所得税などを差し引いた後の手取額を先に決めて、その手取額となるような総支給額を逆算する手法です。 相続税においても、ある種のグロスアップ...
相続税

相続税の申告期限までに遺産分割が終わらない場合の「配偶者の相続税の軽減」「小規模宅地等の特例」

相続税の申告期限と未分割の申告 相続税の申告期限は、相続開始を知った日から10か月以内です。通常はこの申告期限内に、相続人を確定し、財産目録を整え、遺産分割を終えて、その結果を反映した相続税申告を行います。 遺産分割は、相続税...
相続税

成年被後見人は相続税の障害者控除の対象者になりうる

相続税には税額控除の一種として障害者控除があります。 成年後見制度における成年被後見人は、この相続税の障害者控除の対象である特別障害者に該当します。 相続税の障害者控除の概要 相続または遺贈により財産を取得した人(外国に...
タイトルとURLをコピーしました