相続税

相続税

相続人以外の人に財産を取得させる場合に注意するべき相続税の規定

通常遺産を取得するのは相続人です。しかし、相続人以外に取得させることも可能です。典型的な手段は遺言です。生命保険金や死亡退職金の受取人を相続人以外の人にすることでも目的を達成できます。 自分が亡くなった後でどうしても遺産を受け取って...
相続税

「家なき子」特例の適用要件の改正 ふさがれた租税回避の抜け穴

「家なき子」というと、フランスの児童文学や、90年代に大ヒットした日本のドラマを思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、税金の世界で「家なき子」特例といえば、相続税における小規模宅地等の特例のなかの類型のひとつとして知られています。...
相続税

地積規模の大きな宅地の評価における「規模格差補正率」とは?

平成30年から「地積規模の大きな宅地の評価」がスタートしました。 この地積規模の大きな宅地の評価で具体的にどれくらいの減価ができるかは、「規模格差補正率」によって表されます。 規模格差補正率はとてもシンプルな算式で計算すること...
所得税

被相続人の入院費用 ~医療費控除と債務控除~

相続開始の前あるいは後に入院先の病院へ入院に係る代金を支払うことが多いと思います。 この支払は「所得税の医療費控除」と「相続税の債務控除」に関係します。支払いのタイミングや負担者によって取り扱いが異なります。 相続開始「前」に...
相続税

税率の視点からの二次相続を踏まえた一次相続の遺産分割の考え方

相続人が配偶者と子である場合には、その配偶者はどれくらいの遺産を取得するのが良いでしょうか? お亡くなりになった方のお気持ちやご遺族の方々の経済状況や人間関係など様々な要素を考慮しなければいけませんので、一概にこうしたら良いとは言え...
相続税

小規模宅地等の特例の恩恵は、その土地を取得した人以外にも及ぶ

小規模宅地等の特例とは、遺族の生活基盤になっている居住用の土地や事業用の土地について、土地評価額を大幅に減額することができる制度です。大幅な評価減は大幅な税負担の軽減という恩恵をもたらします。 ところで、この恩恵を受けるのは誰でしょ...
相続税

相続税の本当の負担割合は、相続税の「平均税率」で見極める

相続税の税率を理解するには、税率の一覧表や速算表を見ただけでは十分ではありません。相続税の本当の負担割合を知るためには相続税の「平均税率」に着目すべきです。相続税の平均税率には相続税の計算構造に由来する幾つかの特徴があります。
相続税

相続税の税率と速算表

相続税の税率 相続税の税率の一覧表です。 法定相続分に応ずる取得金額税率1000万円以下10%1000万円超 3000万円以下15%3000万円超 5000万円以下 20%5000万円超 1億円以下 30%1億万円超 2億円...
相続税

自分で相続税額を試算するあなたに伝えたい「相続税の税額計算」入門

相続税の税額計算は、分かりにくいです。 自分で相続税の試算に着手してみて、おおよその遺産総額や法定相続分までは把握できても、税額計算で手が止まってしまう人は少なくないように思います。 この記事では、相続税の税額計算の手順につい...
タイトルとURLをコピーしました