相続税

相続業務

相続税申告で税理士が通帳を見たがるのはなぜか

相続税申告を税理士に依頼すると、依頼された税理士はお亡くなりになった方の通帳を提示するよう求めてきます。残高証明書があったとしても、さらに通帳も見たいと言ってきます。場合によっては、お亡くなりになった方のご家族の通帳も見たいと言ってくるこ...
相続税

相続税負担を軽くする為には、生命保険金の受取人は誰にしたほうがよいのか?

生命保険契約の契約者は生命保険金の受取人を指定できます。 誰にお金を託したいか、誰の生活を保障したいか、という生命保険の本来の趣旨にしたがって受取人を決めることはとても大切なことです。 しかし、相続税の発生が予想される方にとっ...
相続税

【令和4年度 税制改正大綱】生前贈与に関する税制改正の動向

令和3年12月10日に自民党・公明党から「令和4年度の税制改正大綱」が発表されました。 生前贈与に関する税制改正について、今回の税制改正大綱でいよいよ大きな動きがあるかもしれないとの観測もありましたが、発表されたそれを見る限り大きな...
相続税

ペットの相続税における取り扱い

お亡くなりになった方がペットを飼っていた場合、そのペットは相続税にどう影響するのか。筆者の考えをまとめました。 法的には「物」の扱い 民法において動物は基本的に「物」に該当すると解釈されますので、動物であるペットは「物」の扱い...
相続税

【最新版】圧倒的に高い!東京都民の相続税の申告割合・課税割合【令和元年】

東京都で亡くなった人の数のうち、相続税申告が必要となったケース、さらには相続税納付が必要になったケースは、どのくらいの割合だったのでしょうか。 官公庁が公表している令和元年(2019年)分のデータを基礎にして独自に調査分析してみまし...
相続税

【最新版】意外と多い?!埼玉県民の相続税の申告割合・課税割合【令和元年】

埼玉県で亡くなった人の数のうち、相続税申告が必要となったケース、さらには相続税納付が必要になったケースは、どのくらいの割合だったのでしょうか。 官公庁が公表している令和元年(2019年)分のデータを基礎にして独自に調査分析してみまし...
相続税

相続税の申告期限は、具体的に何月何日になるの?

相続税の申告期限について「10か月」というキーワードでざっくり理解するに留まっていませんか?期限を一日でも徒過してしまうと大惨事になりかねませんので、それが具体的に何月何日になるか、正確に知っておくことはとても大切です。 手順 ...
相続税

相続税申告書に添付する戸籍謄本の条件「相続開始日から10日を経過した日以後に作成」

相続税の申告書には、被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍謄本(原本でもコピーでもOK)を添付します。 そして、税法上この戸籍謄本は「相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの」であることが求められています。 相...
相続税

相続放棄があった場合の「法定相続人の数」

相続税における「法定相続人の数」は、原則的には民法に規定する「相続人」の人数のことなのですが、・被相続人に養子がある場合・相続放棄があった場合には例外的にそこから若干の修正を要します。 この記事では、相続放棄があった場合の「法定相続...
相続税

養子がいる場合の「法定相続人の数」

相続人のなかに被相続人の養子がいる場合には、租税回避防止のために、相続税の基礎控除額の計算などで用いる「法定相続人の数」について規制がかかることがあります。 租税回避防止 相続税の基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定...
タイトルとURLをコピーしました