相続税

相続税

相続税額の2割加算の対象者 ~図解と具体例~

相続税額の2割加算は、相続税法第18条に規定されています。 2割加算の対象になるかどうか判定するためには相続税法第18条に照らす必要があるわけなのですが、この第18条は非常に意味がとりづらい難解な書き方になっています。 そこで...
相続税

相続税申告書に添付する遺産分割協議書

税務署に提出する相続税申告書には遺産分割協議書を添付することが求められます。 この相続税申告書に添付する遺産分割協議書に関してよく寄せられる疑問点についてまとめました。 必ず添付? 一定の特例を適用する場合は必ず添付 ...
相続税

相続税申告書の書類を税務署に郵送するときの注意点

税務署に紙の申告書を提出する場合にその税務署が遠く離れたところにあるときには、その提出方法として、税務署の窓口に持参するのではなく、税務署への郵送を選択することがあると思います。 書類の量が少なければ、安価で安心な郵便局の手紙(定形...
相続税

押印不要になったけど敢えて振り返りたい、相続税申告書に押印がなかったことで問題になった事例

相続税申告書には「複数人が同じ申告書で共同して申告する」という特殊性があります。 その特殊性ゆえに、かつて押印が必要とされていた時代においては、共同申告者のうちの一部の人だけが押印して、一部の人は押印がないまま申告書を提出するという...
相続税

成年後見人が成年被後見人の相続税申告を代理する場合における申告書の書き方

現代の高齢化社会にあっては、成年被後見人が相続により財産を取得し相続税申告をする場合もありえます。 その場合、成年被後見人は原則として単独で法律行為ができないため、成年後見人が代理人となって成年被後見人の税務申告をします。 この成年...
相続税

小規模宅地等の特例が使える老人ホームの種類

被相続人が老人ホームのようなお年寄り用の施設に入所していた場合でも、元のご自宅の敷地に小規模宅地等の特例が使えるケースがあります。 小規模宅地等の特例の適用要件のひとつに「相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた宅地等...
相続税

相続税の納付~納付書を使って金融機関の窓口で納付する方法~

相続税を金銭で納付する方法にはいくつか種類がありますが、最も一般的なのは「納付書を使って金融機関の窓口で納付する方法」です。 納付書の準備の仕方や窓口となる金融機関について解説します。 納付書の準備 用紙を入手 ...
相続税

東京都における相続税の申告割合・課税割合(平成30年分)

ひとつ前の記事で、埼玉県のなかで相続税申告または相続税納付が必要なる人の割合について扱いました。 これと同様の方法を用いて、東京都において相続税申告または相続税納付が必要なる人の割合についても、独自に調査をしてみまし...
相続税

埼玉県における相続税の申告割合・課税割合(平成30年分)

埼玉県のなかで相続税の申告や納付が必要となる人はどのくらいの割合でいるのでしょうか。 「埼玉県は全国平均と比べて高いのか低いのか?」「埼玉県内の地域ごとの内訳はどうなっているのか?」こうした素朴な疑問を晴らすべく、官公庁の公表してい...
相続税

「配偶者に対する相続税額の軽減」の上限額

「配偶者に対する相続税額の軽減」は、配偶者が相続あるいは遺贈により取得した財産について一定の範囲内であれば相続税がかからない制度のことです。 無制限に配偶者には一切相続税がかからないということではなく、対象となる財産額に上限があると...
タイトルとURLをコピーしました