相続税

相続税

生前贈与加算の対象者

生前贈与加算の対象者は「相続または遺贈により財産を取得した者」と覚えておきましょう。 生前贈与加算の対象者を「相続人」と覚えてしまっていると、間違いを起こす可能性があります。 この記事では相続時精算課税に関する論点は割愛して...
相続業務

【いつすべき?】相続税申告を税理士に依頼するタイミング

相続税申告を税理士に依頼するとして、どのタイミングで依頼するのがよいのでしょうか。 早いほどよい 結論を一言でいえば「早いほどよい」です。これにつきます。 できるなら葬儀が初七日まで終わったら、税理士への依頼に着手したほ...
相続業務

相続税申告で税理士が被相続人の経歴を知りたがるのはなぜか

相続税申告を税理士に依頼すると、税理士からお亡くなりになった方の経歴を聞かれることがあります。 出身地、学歴、職歴、病歴、日常生活の様子、さらには趣味や口癖、交友関係まで聞いてくることもあります。 「そんなことを聞いてどうする...
相続業務

相続税申告で税理士が通帳を見たがるのはなぜか

相続税申告を税理士に依頼すると、依頼された税理士はお亡くなりになった方の通帳を提示するよう求めてきます。残高証明書があったとしても、さらに通帳も見たいと言ってきます。場合によっては、お亡くなりになった方のご家族の通帳も見たいと言ってくるこ...
相続税

相続税負担を軽くする為には、生命保険金の受取人は誰にしたほうがよいのか?

生命保険契約の契約者は生命保険金の受取人を指定できます。 誰にお金を託したいか、誰の生活を保障したいか、という生命保険の本来の趣旨にしたがって受取人を決めることはとても大切なことです。 しかし、相続税の発生が予想される方にとっ...
相続税

【令和4年度 税制改正大綱】生前贈与に関する税制改正の動向

令和3年12月10日に自民党・公明党から「令和4年度の税制改正大綱」が発表されました。 生前贈与に関する税制改正について、今回の税制改正大綱でいよいよ大きな動きがあるかもしれないとの観測もありましたが、発表されたそれを見る限り大きな...
相続税

ペットの相続税における取り扱い

お亡くなりになった方がペットを飼っていた場合、そのペットは相続税にどう影響するのか。筆者の考えをまとめました。 法的には「物」の扱い 民法において動物は基本的に「物」に該当すると解釈されますので、動物であるペットは「物」の扱い...
相続税

【最新版】圧倒的に高い!東京都民の相続税の申告割合・課税割合【令和元年】

東京都で亡くなった人の数のうち、相続税申告が必要となったケース、さらには相続税納付が必要になったケースは、どのくらいの割合だったのでしょうか。 官公庁が公表している令和元年(2019年)分のデータを基礎にして独自に調査分析してみまし...
相続税

【最新版】意外と多い?!埼玉県民の相続税の申告割合・課税割合【令和元年】

埼玉県で亡くなった人の数のうち、相続税申告が必要となったケース、さらには相続税納付が必要になったケースは、どのくらいの割合だったのでしょうか。 官公庁が公表している令和元年(2019年)分のデータを基礎にして独自に調査分析してみまし...
相続税

相続税の申告期限は、具体的に何月何日になるの?

相続税の申告期限について「10か月」というキーワードでざっくり理解するに留まっていませんか?期限を一日でも徒過してしまうと大惨事になりかねませんので、それが具体的に何月何日になるか、正確に知っておくことはとても大切です。 手順 ...
タイトルとURLをコピーしました