相続税

相続税

【最新版】意外と多い?!埼玉県民の相続税の申告割合・課税割合【令和元年】

埼玉県で亡くなった人の数のうち、相続税申告が必要となったケース、さらには相続税納付が必要になったケースは、どのくらいの割合だったのでしょうか。 官公庁が公表している令和元年(2019年)分のデータを基礎にして独自に調査分析してみまし...
相続税

相続税の申告期限は、具体的に何月何日になるの?

相続税の申告期限について「10か月」というキーワードでざっくり理解するに留まっていませんか?期限を一日でも徒過してしまうと大惨事になりかねませんので、それが具体的に何月何日になるか、正確に知っておくことはとても大切です。 手順 ...
相続税

相続税申告書に添付する戸籍謄本の条件「相続開始日から10日を経過した日以後に作成」

相続税の申告書には、被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍謄本(原本でもコピーでもOK)を添付します。 そして、税法上この戸籍謄本は「相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの」であることが求められています。 相...
相続税

相続放棄があった場合の「法定相続人の数」

相続税における「法定相続人の数」は、原則的には民法に規定する「相続人」の人数のことなのですが、・被相続人に養子がある場合・相続放棄があった場合には例外的にそこから若干の修正を要します。 この記事では、相続放棄があった場合の「法定相続...
相続税

養子がいる場合の「法定相続人の数」

相続人のなかに被相続人の養子がいる場合には、租税回避防止のために、相続税の基礎控除額の計算などで用いる「法定相続人の数」について規制がかかることがあります。 租税回避防止 相続税の基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定...
相続税

相続税はいくらからかかるのか?【相続税の基礎控除についての基礎知識】

相続税がかかったらどうしよう、とお悩みではありませんか? 相続税がかかるかどうかは基本的に、遺産が「相続税の基礎控除」を超えるか否かによって決まります。 そもそも「基礎控除」って何? 相続税の基礎控除の話に入る前に、基礎...
相続税

相続税額の2割加算の対象者 ~図解と具体例~

相続税額の2割加算は、相続税法第18条に規定されています。 2割加算の対象になるかどうか判定するためには相続税法第18条に照らす必要があるわけなのですが、この第18条は非常に意味がとりづらい難解な書き方になっています。 そこで...
相続税

相続税申告書に添付する遺産分割協議書

税務署に提出する相続税申告書には遺産分割協議書を添付することが求められます。 この相続税申告書に添付する遺産分割協議書に関してよく寄せられる疑問点についてまとめました。 必ず添付? 一定の特例を適用する場合は必ず添付 ...
相続税

相続税申告書の書類を税務署に郵送するときの注意点

税務署に紙の申告書を提出する場合にその税務署が遠く離れたところにあるときには、その提出方法として、税務署の窓口に持参するのではなく、税務署への郵送を選択することがあると思います。 書類の量が少なければ、安価で安心な郵便局の手紙(定形...
相続税

押印不要になったけど敢えて振り返りたい、相続税申告書に押印がなかったことで問題になった事例

相続税申告書には「複数人が同じ申告書で共同して申告する」という特殊性があります。 その特殊性ゆえに、かつて押印が必要とされていた時代においては、共同申告者のうちの一部の人だけが押印して、一部の人は押印がないまま申告書を提出するという...
タイトルとURLをコピーしました