相続税の税率と速算表

相続税

相続税の税率

相続税の税率の一覧表です。

法定相続分に応ずる取得金額税率
1000万円以下10%
1000万円超 3000万円以下15%
3000万円超 5000万円以下 20%
5000万円超 1億円以下 30%
1億万円超 2億円以下 40%
2億万円超 3億円以下 45%
3億万円超 6億円以下 50%
6億万円超55%

具体例として、「法定相続分に応ずる取得金額」が7000万円である場合について考えてみましょう。

誤解しやすい点から指摘しますと、この一覧表を素直に見たら7000万円は上から4行目の「5000万円超 1億円以下」に該当するので、その7000万円すべてについて税率30%を適用するように思えてしまいますが、これは誤りです。

正しくは、その7000万円をそれぞれの階層に区分してそれぞれの税率を適用します。
つまり、
「1000万円以下」に該当する1000万円分には税率10%を適用、
「1000万円超 3000万円以下」に該当する2000万円分には税率15%を適用、
「3000万円超 5000万円以下」に該当する2000万円分には税率20%を適用、
「5000万円超 1億円以下」に該当する2000万円分には税率30%を適用、
という具合になります。

計算式で表すと次のとおりです。
 1000万円×10% + 2000万円×15% + 2000万円×20% + 2000万円×30%
=100万円 + 300万円 + 400万円 + 600万円
=1400万円

超過累進税率方式

課税標準が大きくなるほど税率が高くなる課税方式を「累進課税」といいます。累進課税には2種類あります。

  • 単純累進税率方式
    課税標準が一定額以上となった場合に、その全体に対して、より高い税率を適用する方式
  • 超過累進税率方式
    課税標準が一定額以上になった場合に、その超過金額に対してのみ、より高い税率を適用する方式

日本の相続税の税率は後者の「超過累進税率方式」を採用しています。

この記事の税率は平成27年以降に相続が開始した場合の税率です。平成26年以前はこれとは異なる税率になります。 ご留意ください。

相続税の速算表

相続税の税率をもとにした、相続税の速算表は次のとおりです。
先ほどの表とそっくりなのですが、控除額の列が加わっているのがポイントです。

法定相続分に応ずる取得金額税率控除額
1000万円以下10%
1000万円超 3000万円以下15%50万円
3000万円超 5000万円以下 20%200万円
5000万円超 1億円以下 30%700万円
1億万円超 2億円以下 40%1700万円
2億万円超 3億円以下 45%2700万円
3億万円超 6億円以下 50%4200万円
6億万円超55%7200万円

この表を使うと、速算の名のとおり、素早く計算できます。

例えば「法定相続分に応ずる取得金額」が7000万円である場合には、上から4行目の税率と控除額を用いて次のように計算します。とても簡潔ですね。

7000万円 × 30% - 700万円 = 1400万円

速算表の「控除額」とは何なのか?

図で考えると分かりやすいです。

速算表の2行目「1000万円超 3000万円以下」の控除額50万円は、下の図の①の部分を意味します。①は1000万円×(15%-10%)=50万円となります。

速算表の3行目「3000万円超 5000万円以下」の控除額200万円は、下の図の①と②を併せた部分を意味します。②は3000万円×(20%-15%)=150万円となります。①と②を合計すると200万円になります。

速算表の4行目「5000万円超 1億円以下」の控除額700万円は、下の図の①と②と③を併せた部分を意味します。③は5000万円×(30%-20%)=500万円となります。①と②と③を合計すると700万円になります。

7000万円のケースを図で考えてみると、最初に横7000万円・縦30%の長方形の面積を計算し、次にそこから①②③の面積を控除することで、税額に相当する青色部分の面積を求める、という発想の計算をしていることになります。

まとめ

相続税の税率は超過累進税率方式です。 税率の区分ごとに計算するのは非常に面倒ですので、実務的には速算表を利用して計算することが多いです。

タイトルとURLをコピーしました