相続業務

相続業務

相続手続用の戸籍は何セット入手する?抄本でも大丈夫?

お亡くなりになった方の預貯金の解約、不動産の相続登記、相続税申告――相続に関する手続は多岐にわたります。 そうした相続に関する諸手続をするたびに、手続の相手方から戸籍の提出を求められます。戸籍は「誰が相続人であるか」を証明するための...
相続業務

「住民票の写し」は写しであってコピーではない…

行政機関での手続など様々な場面で、「住民票の写し」の提出を求められることがあると思います。 まずは市役所の窓口などで「住民票の原本」を入手し、それを自分でコピー機を使ってコピーしたものが「住民票の写し」である、――このように思ってし...
相続業務

税理士による戸籍謄本や住民票などの入手

戸籍謄本や住民票は、個人情報そのものが記載されています。それゆえに個人情報保護の観点から、これらを取得することが出来るのは、原則としてその当事者である本人もしくはその家族の一部の人だけです。それ以外の第三者が取得しようとしたら、そうした当...
相続業務

土地評価をするときに実際に現地を見るのは苦労も多いがとても大切

相続税や贈与税などの申告にあたって、土地の評価が必要にあることがあります。 より良い土地評価のためには情報収集が欠かせません。収集すべき情報のなかには、現地に行くことでしか分からないこともあります。評価対象の土地を実際に訪れて観察す...
相続業務

戸籍の人名に使われている特殊な文字の対処法

相続に関連する仕事をしていると、戸籍の人名に見慣れない文字が使われているのを稀に目にすることがあります。それは漢字の異体字であったり、変体仮名だったりします。 そうした特殊な文字に遭遇すると、仕事を進めるうえで少々困ってしまうことが...
タイトルとURLをコピーしました