配偶者

相続税

「配偶者に対する相続税額の軽減」の上限額

「配偶者に対する相続税額の軽減」は、配偶者が相続あるいは遺贈により取得した財産について一定の範囲内であれば相続税がかからない制度のことです。 無制限に配偶者には一切相続税がかからないということではなく、対象となる財産額に上限があると...
財産評価

相続税法における配偶者居住権等の評価の算式についての基本的な考え方

配偶者居住権を設定する場合には、相続税の計算において「配偶者居住権の価額」を評価する必要があります。同時に、「配偶者居住権の目的となっている建物の価額」、「配偶者居住権に基づく敷地利用権の価額」、「居住建物の敷地の用に供される土地の価額」...
相続税

相続税の申告期限までに遺産分割が終わらない場合の「配偶者の相続税の軽減」「小規模宅地等の特例」

相続税の申告期限と未分割の申告 相続税の申告期限は、相続開始を知った日から10か月以内です。通常はこの申告期限内に、相続人を確定し、財産目録を整え、遺産分割を終えて、その結果を反映した相続税申告を行います。 遺産分割は、相続税...
相続税

税率の視点からの二次相続を踏まえた一次相続の遺産分割の考え方

相続人が配偶者と子である場合には、その配偶者はどれくらいの遺産を取得するのが良いでしょうか? お亡くなりになった方のお気持ちやご遺族の方々の経済状況や人間関係など様々な要素を考慮しなければいけませんので、一概にこうしたら良いとは言え...
タイトルとURLをコピーしました