小規模宅地等の特例

相続税

小規模宅地等の特例が使える老人ホームの種類

被相続人が老人ホームのようなお年寄り用の施設に入所していた場合でも、元のご自宅の敷地に小規模宅地等の特例が使えるケースがあります。 小規模宅地等の特例の適用要件のひとつに「相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた宅地等...
相続税

相続税の申告期限までに遺産分割が終わらない場合の「配偶者の相続税の軽減」「小規模宅地等の特例」

相続税の申告期限と未分割の申告 相続税の申告期限は、相続開始を知った日から10か月以内です。通常はこの申告期限内に、相続人を確定し、財産目録を整え、遺産分割を終えて、その結果を反映した相続税申告を行います。 遺産分割は、相続税...
相続税

「家なき子」特例の適用要件の改正 ふさがれた租税回避の抜け穴

「家なき子」というと、フランスの児童文学や、90年代に大ヒットした日本のドラマを思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、税金の世界で「家なき子」特例といえば、相続税における小規模宅地等の特例のなかの類型のひとつとして知られています。...
相続税

小規模宅地等の特例の恩恵は、その土地を取得した人以外にも及ぶ

小規模宅地等の特例とは、遺族の生活基盤になっている居住用の土地や事業用の土地について、土地評価額を大幅に減額することができる制度です。大幅な評価減は大幅な税負担の軽減という恩恵をもたらします。 ところで、この恩恵を受けるのは誰でしょ...
タイトルとURLをコピーしました